第19回サバニ帆漕レース

2018年06月01日

「古来より、沖縄に受け継がれてきた“サバニ”による操船技術の復活、また帆走の再現を目指し、サバニを知る古老の知恵を次の世代に伝えていく」この思いで設立された帆かけサバニ保存会。
加えて沖縄と本土から集まった沖縄の海とサバニの伝統文化を何よりも大切に思う海好きが中心となり活動しているのが『サバニ帆漕レース実行委員会』です。
そして実行委員会の思いを具現したのが『サバニ帆漕レース』です。
沖縄サミットが行われた2000年に第1回が行われ、今回で19回目の開催となります。
座間味島・古座間味ビーチをスタートし、約36km先の那覇市を目指します。
今大会が成功裏に開催されることを祈ります。

サバニ帆漕レース公式ホームページ